累計5万人突破の無料一括資料請求

1つの施設だけでなく気になる施設を一括で無料資料請求できるから納得の施設が見つかる!!

シニアの安心相談室はこちら

▼▼▼

短期入所型のショートステイ

介護施設や老人ホームは数多くありますが、今後も高齢化の影響もあって関連する高齢者施設は増えていくことが想定され、今よりも介護施設の利用などが細分化されてより複雑になっていくことも想定されます。
いろいろある介護サービスを理解して自分に適したサービスを選んで利用するということもポイントになってきます。
短い期間を通して介護施設での生活ができて、介護の都合で一時的に預かってもらう必要がある場合などに利用する介護サービスにショートステイがありますが、要介護が認定されていることが利用をする上での条件になっています。
ショートステイの利用方法については担当のケアマネージャーに相談をしてからの利用という流れになりますが、利用する側の意向なども参考にして最終的に施設やサービスの利用をするかどうかということも決まってきます。
ショートステイは利用している人が多く、利用を希望している人も多いことから利用したくてもすぐに利用することができないことも多く、予約待ちになっている場合もあります。
利用したい場合は早い段階から申し込みをしておく必要がありますが、入居においては介護度の状態などから審査を受けることになるので注意する必要もあります。
利用においては立地条件などもポイントになり、家からの距離や環境の良し悪しなどもチェックしておきたい部分になりますが、介護度が上がった場合にどうなるかということも調べておく必要があります。

累計5万人突破の無料一括資料請求

関連ページ

デイサービスの概要
自宅に送迎してくれるデイサービスについて紹介しています。
ケアハウスの特徴
ケアハウス(軽費老人ホームC型)の特徴について紹介しています。
自宅にきてもらう訪問介護
訪問介護について紹介しています。訪問介護は自宅で介護が受けられるサービスです。
リハビリテーションの特徴
足腰など老化に伴って弱ってきた箇所のリハビリが出来る施設をリハビリステーションと呼びます。
健康チェックや看護について