累計5万人突破の無料一括資料請求

1つの施設だけでなく気になる施設を一括で無料資料請求できるから納得の施設が見つかる!!

シニアの安心相談室はこちら

▼▼▼

自宅にきてもらう訪問介護

介護施設や老人ホームなどの高齢施設は数が増えているだけでなく種類についても増えている現状がありますが、今後も高齢者が増えると言われているので高齢者施設が増えてサービスの多様化が進んでいくことも想定されています。
また、介護のサービスの中には訪問介護というサービスもありますが、これは自宅で介護を受けたい場合に受けられるサービスのことで、利用における条件になっているのは要介護が認定されている人で、レベルについては1からでも利用の対象になっています。
訪問介護にかかる費用については一日あたり1000円以下でサービスを受けることができるようになっているので金銭的な負担は少ないと言うメリットがありますが、これは介護保険が適用されることが理由になっています。
また、これについては一割負担に設定されているケースであり、二割負担に設定されている場合だと2000円近い費用になることもあるので事前に確認しておく必要があります。
利用については担当のケアマネージャーの人に相談するのが一般的になっていて、そこでケアプランを作ってもらってからサービスの提供事業者と決めていくという流れになります。
また、同じ訪問介護でもサービスの細かい部分については事業所によっても違っているので事前に確認しておく必要もあります。
スタッフとの相性なども継続してサービスを受ける上では重要なポイントになってくるので、そのあたりのことも意識してサービスを受けるようにしましょう。

累計5万人突破の無料一括資料請求

関連ページ

短期入所型のショートステイ
一時的に面倒をみてもらうショートステイ型の介護施設も増えてきました。要介護が認定されていることが条件になっています。
デイサービスの概要
自宅に送迎してくれるデイサービスについて紹介しています。
ケアハウスの特徴
ケアハウス(軽費老人ホームC型)の特徴について紹介しています。
リハビリテーションの特徴
足腰など老化に伴って弱ってきた箇所のリハビリが出来る施設をリハビリステーションと呼びます。
健康チェックや看護について