累計5万人突破の無料一括資料請求

1つの施設だけでなく気になる施設を一括で無料資料請求できるから納得の施設が見つかる!!

シニアの安心相談室はこちら

▼▼▼

老人ホーム・介護施設選びならシニアサーチ

高齢化社会が進んでいる現代の日本ですが、この傾向は今度も続くと言われており、最終的には老人ホームや介護施設に入って生活をするという高齢者が増えることも予想されています。

 

老人ホームや介護施設と言ってもさまざまな種類があるので、費やすことができる金額や体の状況、認知度などによっても入居するところは変わってきます。
最近はさまざまな施設が増えていることもあり、入居の予定がある人にとっては選択肢が多いという点でのメリットがありますが、一方で入居してからのトラブルなどもあるので入居する施設についてはしっかり調べておく必要があります。

 

また、老人ホームや介護施設に入る人のイメージとしては子供がいない人や子供がいても面倒を見てもらうことが難しい人が入居するというイメージもありますが、

自分がどのような介護施設に入居したらいいのか分からないという人も中にはいるかもしれませんが、シニアのあんしん相談室やHOMS介護、ベネッセの介護相談室などを利用することで自分にあった老人ホームや介護施設選びをすることができるようになっています。
自分だけで決めてしまうのではなく家族に相談するということも大切なことですが、上記のような相談サービスを利用する場合も本人だけでなく家族がいると話しがスムーズに進むことが多くなっています。

 

もちろん、継続して入居するだけでなく一時的に入居するサービスなども用意されているので、体が健康で自分のことは自分で出来るという場合は短期間の介護サービスを受けるという方法もあります。
施設によってかかる費用なども異なってきますが、料金の違いを比較するだけでなくサービスの違いなども比較して自分の理想に少しでも沿うところに入居するというのも失敗しないためのポイントになります。


老人ホームや介護施設の種類と対象者

介護付きの有料老人ホーム

老人ホームや介護施設は種類が多いので、これから自分自身が入居をする場合は家族が入居を考えている場合にどこの施設を選ぶのかということもポイントになってきますが、要介護者を受け入れるタイプでもある介護専用型や混合型などさまざまなタイプがあります。

その中の一つに介護付きの有料老人ホームがありますが、対象者となるのは介護を必要としている幅広い人になり、要介護のレベルなどによって入居できる場所などが異なってくるので事前に担当のケアマネに相談しておくなどの事前準備が必要になります。

 

 

また、認知症の人にも対応していますが、これについては施設によって認知ケア専門士がいることが前提になっているところもあり、人手不足によって認知症の受け入れが難しくなっている場合もあるので場所によっても変わってきます。
受けることができるサービスについては生活の援助や身体の介護など基本的なところから場所によってはリハビリも受けることができるようになっているので対応も場所によって異なってきます。
設備についても施設によって異なりますが、都会になってくると美容室や医務室などが併設されているところもあり、売店などお店のような感覚で利用できるところもあります。
サービスが充実しているところになるほど費用はかかりやすいという特徴があるので、利用をする場合は事前にきちんと状況を把握した上で利用を進めて行くことも重要なポイントになってきます。

 

 

住宅型の有料老人ホーム

住宅型の有料老人ホームは自治体ではなく主に民間企業が運営している介護施設であり、ここでは要支援が必要な高齢者を受け入れているところになり、生活の援助や緊急性を要する時の対応、レクリエーションなどのサービスを受けることができるなどの特徴もあります。

住宅型の有料老人ホームは介護付きよりも費用が安いというメリットがあり、外部サービスの利用に対応しているところもあるので、これを上手に活用することによって通常と同じような生活をすることができるメリットもあります。
住宅型の有料老人ホームはそれぞれの介護施設によって入居の条件が異なっており、高齢者が多く介護施設が多いところになってくると介護のサービス内容なども変わってくる場合があります。
住宅型の有料老人ホームにかかってくる費用について初期費用についてはゼロ円のところもあれば高いところになってくると数百万円という単位のお金が必要になってくることもあります。
また、利用においては月額料金が発生するところもありますが、この費用については10万円程度で利用するできるところから高いところになってくると30万円程度の費用になります。
初めにかかる費用に比べると介護施設によってかかってくる費用の差というのはそこまで大きくありませんが、毎月の年金などの収入や所有している資産の状態からあわせて負担のない範囲で入居できるところを選ぶことが失敗しないためのポイントになってきます。

 

 

サービス付きの高齢者向け住宅

民間企業で運営されている介護施設の一つにサービス付きの高齢者施設がありますが、都道府県単位で認可や登録を受けている住宅のことで、一般的な賃貸物件と比較すると高齢者が住みやすくてなおかつ借りやすいのが特徴になっています。

また、生活がしやすいようにさまざまな機能性が備わっているのも特徴で、一般的な介護施設にプラスαの機能が備わっているとイメージすると分かりやすいと思いますが、新規に事業を始める民間企業の数も多いことから幅広い選択肢があるというのもメリットになっています。

 

 

ただし、一般的な賃貸住宅と比較すると費用は相対的に高くなりやすいという欠点もあり、何かあった時のために連帯保証人を用意する必要性もあるので家族に迷惑をかけてしまうなどの欠点もあるので注意が必要です。
生活の援助を受けることができる施設ではありますが、身体介護やリハビリなどについては施設によって対応が変わってくるので事前に確認しておく必要があります。
料金が安いところほど人気な傾向にあるので、サービス付きの高齢者向け住宅を選んで利用する場合に安いところを探す場合は早めのうちに準備しておく必要もあります。
サービス付きの高齢者向け住宅を探す場合は広報などにも情報が掲載されていることがあるので目を通しておくとよいでしょう。
また、費用から考えて受けることができるサービス内容やその質などについてもしっかり調べて利用するようにしましょう。

 

 

指定介護老人福祉施設

指定介護老人福祉施設は介護のサービスを中心に行っている施設ですが、寝たきりになった人を対象として介護を行っている生活の場所でもあり、レクリエーションなどのサービスについても提供しています。

24時間介護のサービスを受けることができるのも特徴になっており、なおかつ死にまで入ることができるところなので身寄りがいない人や家族が介護することが難しい状態になっている場合などに利用することが多くなっています。
長期的な入所をすることが可能になっていますが、介護のレベルについても要介護が3以上になっているため、介護度の状態によっては入居することができない場合もあります。
また、入居にかかってくる費用などについては収入などによってかわってくる部分もありますが、基本的に初期にかかってくる費用については無料で利用することができるようになっており、月にかかってくる金額についても10万円程度までが一般的になっています。
ただし、入所を希望する人が多いことから入りたくても入ることができない人が多いのが特徴にもなっており、これが社会問題としても取り上げられるようになっていますが、今後も少子高齢化が進んでいくことが想定されているので状態はさらに悪くなることが想定されます。
利用することができる年齢については65歳からになっていますが、地域によって入居における条件などは異なっているので、あらかじめ調べて該当するかどうかについてもきちんと調べておきましょう。

 

 

養護老人ホーム

養護老人ホームは65歳を超える人が入居することができる介護施設のことをいいますが、

特別養護老人ホームと違っているのは自立していることが条件になっていることで、病気や介護などを必要とする場合は入居することができない場合もあります。
これについては各自治体によって審査基準が異なっているので一概には言えない部分もあるのですが、他にも利用においては生活保護を受けていることや低所得になっているなど経済面での負担が大きい場合に利用することができなくなっています。
養護老人ホームは高齢者でも安心して利用することができるようにさまざまな設備がありますが、入居する条件を満たしていたとしても入居を希望する人が多いことによってなかなか入ることができない人がいるのも現状になっています。
また、介護を必要としない人が原則として入居する施設であるため、施設を利用している中で要支援者や要介護者になった場合は継続して利用することができるかという問題も残されています。
経済的な支援を受けることができる施設ですが、入居するためには審査を受ける必要があるので事前に分からないことがある場合は自治体に相談しておくようにしましょう。
複数の人が利用を希望している場合は必要性に応じて利用の可否などが決まってくることになりますが、かかってくる費用については無料から10万円程度になっているので年金での支払いによってカバーできる範囲になっています。

 

 

グループホーム

介護施設の中にグループホームと呼ばれる施設がありますが、ここでは専門の介護スタッフが数人で10人未満の人と共同している介護福祉の施設のことで、民間が行なっている介護サービスの一種になるのでサービス内容などは施設によって異なっている特徴もあります。

グループホームに入居するためには空きがあるグループホームを探して申し込みをしなければなりませんが、一時金として必要になってくるのは無料のところもあれば数百万円という単位のお金が必要になってくるところもあります。

 

 

どれくらいかかってくるかはグループホームの経営方針などによっても変わってくるので資金に応じて入居可能かどうかということを調べてから利用の検討をする必要というのも出てきます。
また、月額の利用料については高くても30万円程度までになっていますが、誰でも利用することができるわけではなく要支援や要介護が必要な人が利用の条件になっています。
入居をすると終身になるので継続的にグループホームに入居することができますが、施設を利用する中で病気を発症した場合や要介護度が上がってくるような場合は利用における条件が異なってくることもあります。
また、継続的に生活をすることになるのでグループホームとの相性というのも非常に重要なポイントになっており、施設の見学をしてから入居するかどうかを決めていくということも事前の準備においては必要であるということを意識しておきましょう。

累計5万人突破の無料一括資料請求